Home

ライフマスターコーチング

コーチ(COACH)の語源は、馬車になります。

「目的地まで快適に安全に運ぶ」ことから、目標へ導く役割を担う人を「コーチ」と呼ぶようになりました。

コーチはクライアントをゴールへと、快適に導き、運び届けます。

決して苦しみながら必死の努力をしたり、もがきながら頭で考えてやるものではありません。

それではなぜ快適にゴールが達成できるのでしょうか?

その答えは<潜在意識(無意識)の力を使う>からです。

コーチングのポイントは潜在意識を使うところにある

私のコーチングの特徴は、クライアント自身の潜在意識の力を使って進めて行くところにあります。

ジェット噴射で押し出されるように目標へ進むことができるのがコーチングですから、楽しいし快適なのです。

潜在意識を使うということは「自分の中に眠っていた潜在能力を引き出す」ということ。それは今まで以上の力を使えるようになるということ。だから必死の努力は必要なくなります。

  1. 秘められていた力を引き出すから、今までとは違った自分になれる
  2. 運命が書き換わり、人生が変わる

だから現状の職業や立場、才能や資金力、年齢といったことまで関係なくなります。

あなたが変わりたいと思って行動した瞬間から別の人生がスタートするからです。

コーチングにより人生は今スタートする

過去や現在すら関係なく、今この瞬間から始まるのがあなたの人生です。

コーチングの法則を実践することにより、自分の無意識がゴールを達成してくれます。

だから大きなゴールを設定しても大丈夫です。今の力でできないことをゴールにしても大丈夫なのです。

何故ならば、これから引き出されるあなたの能力が開花し、その力を使うから今の自分と比べる理由がなくなるのです。

今の能力は現時点での能力。将来の伸びしろは織り込んでいません。

無限の可能性が開かれていた幼少期

子供の頃を思い出してください。

ものすごく大きな夢を抱いていませんでしたか?

その時点で「出来る」とか「出来ない」とかは一切考えずに、

  • ウルトラマンになりたい
  • 宇宙飛行士になりたい
  • パイロットになりたい
  • 大統領になりたい
  • 仮面ライダーになりたい
  • 大リーガーになりたい
  • アイドルや女優になりたい

何の根拠もなく、なりたい自分を夢見ていたはずです。

「恥ずかしい」とか「難しい」とか、「自分には無理だ」とか、一切考えもしなかったはずです。

そこには無限の可能性が開かれていたからなのです。

自分の思考で一切制限してないから、思考が自由なのです。

ところが大人になると「できない」が増えてくる。勝手に頭で考えて自分の能力やを才能を制限する。だから余計に出来なくなる。

大人になると心と考えの思考の自由度がなくなります。

だからまず皆さんは子供に戻ることです。もちろん思考という意味で。

何の制限もなく自分の夢を語りましょう。自分の夢を持ちましょう。

そこから潜在意識の解放が始まります。

コーチングとはマインドの使い方を教える、心と思考の技術なのです。

コーチングの効果

コーチングを受けると以下のような効果を実感できる方が大勢います。

  • 会社の売上と利益が伸びる。
  • 営業成績が上がり、収入も大幅に上がる。
  • 独立・開業・起業が加速する。
  • ストレスから解放され、体も元気になる。
  • スポーツ選手やアスリートは、成績・パフォーマンスが向上し、結果が出る。
  • 人間関係がスムーズになり、友人・知人が増える。家庭円満・恋愛・結婚成就。
  • 思ってもいなかった方向へ、人生が動き始める。
  • 願望達成や自己実現により、幸せになれる。
  • 人生が楽しいことを実感する。積極的に人生を歩むことができる。

現時点での自分の能力の限界を自分で決めつけてはいけません。人は自分が思っているよりものすごい力を秘めている存在なのです。

そこに気付いて行動することから新たな人生は始まるのです。

Teruaki Hayasaka Profile
パーソナルライフコーチ/プロフィールページへ

ブログページ
【Personal Life Coach】Teruaki Hayasaka ’s  Official Blog Pages

無料メルマガ登録
コーチングの案内、成功して幸せになるためのヒント等を不定期にお送りする■無料メルマガ■

▲現在は多忙を極めているため、メルマガ配信はほとんど行っていません▲

しかし突然大事なお知らせをする場合もありますので、登録だけでもお願い致します。

スポンサーリンク
Coach Hayasakaをフォローする
スポンサーリンク
ライフマスターコーチング
タイトルとURLをコピーしました